肌の健康を考えて開発したワンランク上の薬用化粧品シレナボーテ/株式会社清心丹/トラブル肌用化粧品・エイジングケア化粧品の製造販売

ソープ
ローションr
エッセンス
デイケアブラン

大人ニキビ

大人のニキビ

思春期の代名詞とも言えるニキビですが大人になっても悩んでいる方、結構多いと思います。
最近の調査では20代~30代のいわゆる大人女性の約半数が、ニキビやニキビ跡を気にしているとの結果でした。
いわゆる大人ニキビ、思春期の頃とはだいぶ事情が異なっていて要注意です。
その症状はカサカサ肌なのに現れたり、ストレスや体調不良、生理のたびに同じような場所に現れたりと不安定です。
同じニキビといっても若い頃のようにやみくもに洗顔回数を増やして対応するのは良策ではありません。
思い込みのケアに陥らないためまずは思春期と大人ニキビの違いをしっかり確認しておきましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違い

そもそもニキビは皮脂分泌が盛んになることで毛穴がふさがれ、そこに細菌が繁殖し炎症や化膿が生じるものです。
よって新陳代謝の盛んな思春期世代に多く、活動量の多い春・夏に悪化する傾向が有ります。
良く出る部位は皮脂分泌の多い額から鼻のTゾーン。ケアの基本は洗浄回数を増やし清潔を保つ事、食生活は脂質を控えビタミンB群やビタミンA、食物繊維をしっかり摂る事、等々…これらは皆さんもご存知の通りです。

しかし大人のニキビにはこれらが丸ごとあてはまるわけではありません。毛穴がふさがれて発生するのは思春期と同じですが、皮脂の過剰よりも表皮のターンオーバー不良の影響が強くなります。
角質層が古くなってもうまくはがれずに硬くなり、毛穴がふさがれるのです。この状態で体内からの皮脂分泌が増えるとふさがれた部分で菌繁殖しニキビとなります。
特に女性の場合、生理2週間前頃から皮脂分泌を促す黄体ホルモンの分泌が増すため症状が悪化しやすくなります。
では元凶のターンオーバー不良はどうして起こるのでしょう?
これは年齢と共に皮脂分泌量が減少し乾燥肌質に移行する事が要因といわれています。
つまり皮脂分泌は多すぎても少なすぎてもダメなのです。
大人ニキビの警戒エリアはTゾーンよりも頬、口のまわり、あごなど顔の下半分、乾燥しやすくホルモン分泌や胃腸機能の影響が現れやすいいわゆるUゾーンです。

大人ニキビの基本は乾燥肌対策!

大人ニキビの基本は乾燥肌対策!

肌の乾燥がターンオーバーを低下させる・・・その破たんは皮脂膜から始まります。 皮膚の最も外にある皮脂膜はその下の角質層の水分を外に逃さない透明ラップのような役目をしています。このラッピングが少ない部分ほど水分が皮膚外に蒸散し乾燥しやすい部位と言えます。
角質層には皮膚ターンオーバーに関わるデスモソーム等の酵素が存在していてこれらが分散している水分(自由水)によって活性化される仕組みになっています。つまり皮脂膜の弱い部位はターンオーバーの酵素活性が低下しがち。
その結果、角質が肥厚化して毛穴がふさがりやすくなります。

もう一つ皮脂膜には雑菌を制御する役目があります。皮脂膜は天然保湿因子(NMF)と分泌皮脂の二重層になっておりそこに善玉細菌が定着して表皮をpH6付近に保っています。
この酸性環境が悪玉雑菌の増殖を抑えているのです。
皮脂膜が少なく酸性を保てない表皮は悪玉の雑菌が生育しやすくなります。また善玉菌であっても毛穴内部に滞った状態では他の菌とのバランスが崩れ異常繁殖しニキビ悪化の要因となります。
アクネ菌などはその代表例です。菌繁殖により炎症や化膿が拡大するとより赤みの強いニキビになって行きます。
このように大人ニキビのスキンケアは皮脂膜の状態を整える事、そして角質層を乾燥から守る事、が重要になってきます。その上で症状悪化の要因となる体内からの脂質分泌量を安定させる事も心がけなければなりません。
それには睡眠時間、便通を安定させストレスをためないようにする事。
食生活は脂肪の摂り過ぎに注意し規則正しく。
ビタミン摂取はビタミンB群やAはもちろんですが大人ニキビでは抗酸化にはたらくビタミンCやEも強化したいところです。

大人ニキビ・シレナボーテの使い方

洗浄・清潔の大切さは思春期と同様です。
その際、細胞間脂質を守りながら脂汚れを落とす選択洗浄性を有するのがシレナボーテソープ。朝夜2回を目安に洗顔して下さい。特にUゾーンはこすらず良く泡立てて泡を滑らせるような感じで洗いましょう。皮脂腺の活発なTゾーン、汚れの溜まりやすい小鼻部位、などはニキビが無くても予防を意識してしっかり洗って下さい。皮脂分泌が活発になる生理前にはダブル洗顔などで対応しましょう。
洗顔後は肌本来の保湿成分を含むシレナボーテローションrで早めに表皮を整えましょう。
ニキビがある時はオイル成分を避けたくなりがちですが、前述の通り肌乾燥が背景にある大人ニキビにはシレナボーテローションのように適度な油分を持ち、かつベタつかない化粧水がよくなじみます。
肌状態に応じて乾燥部位には重ね付けするようにして下さい。皮脂膜の補いとともにその潤いが自然のターンオーバーを促し角質の肥厚化を防ぎます。
また生理前に症状が悪化する方はそれ以外の安定した時期にこそ保湿ケアを怠らずに行う事がポイントになります。